top of page

国際物流とコスト効率:中国から日本へのコンテナ輸送の最適化



中国から家具等の大型商品の輸入に際して、コンテナ輸送の利用が一般的です。本記事では、一般的な航空便や船便に比べたコンテナ輸送のコスト効率について詳細に分析します。


航空便にて100×100×50cmの荷物を発送する場合、体積重量が83.3kgとなり、サイズの制限を超過するため、国際送料は約50,000円に達します。


同様の荷物(0.5㎥)を船便で発送する場合も、サイズオーバーであるものの、航空便に比べて若干低い約40,000円の国際送料が見込まれます。このように、大型商品の輸入はコスト高になりがちです。


しかし、これらの荷物を大量に購入し、コンテナで発送する場合、輸入コストは個別輸入の15%以下に抑えられます。容積0.5立方メートルの荷物に対して、国際送料は5000~7000円となり、1立方メートルあたりの送料は10,000円前後になります。40フィートコンテナの容積は68立方メートルであり、100×100×50cmの荷物を最大256個収容可能です。深圳港から横浜港までの送料は、約600,000円前後と見積もられます。


CIC中国荷物転送は、コンテナ輸送サービスの提供を開始いたしました。上記の送料には、こちらの費用が含まれています:

中国港から日本港までの運賃、

中国通関諸費用、

日本輸入通関料、

商品積み込みに関する諸費用(人件費等)、

出荷までの商品一時保管料、

各種通関書類作成料


含まれていない費用には:

中国内陸輸送料、

税関による抜き取り検査料金(発生した場合のみ、実費請求)、

日本国内運送料(別途)、

日本国内関税・輸入消費税・一般消費税などの諸税、

特殊費用(商品検査の必要な場合の代理費用、原産地証明書の必要な場合の代理費用、税関検査にかかる場合の検査費用、貨物保険料等)。


輸入手続きについては、当社が提携している通関業者に依頼し、日本国内の運送はコンテナごと運ぶトラックを利用します。港からのお届け先までの距離によって送料が異なります。

関税や消費税は商品の種類によって異なるため、輸入前に日本税関ホームページでご確認ください。

コンテナは20フィートと40フィートからお選びいただけ、運送期間は10~14日間を見込んでおります。


コンテナによる海上運送に関するご質問やご不明な点がございましたら、CIC中国荷物転送までお気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

運営:日中国際株式会社(東京都港区)

ホームページ:https://www.cic100.jp/

閲覧数:167回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スマートフォン転送に関する重要なお知らせと新しい送料プランのご案内

お客様各位 いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 これまでOCS国際運輸を利用してスマートフォンを発送しておりましたが、2023年5月よりOCS国際運輸におけるスマートフォンの通信料として、1台あたり300元(約6600円)が新たに加算されることとなりました。 この変更に伴い、より経済的な転送オプションとして、上海EMSの特殊ルートを新たにご利用いただけるようになりました。このルートを

ゴールデンウイーク休暇のお知らせ【CIC】

お客様 各位 いつもCICの転送サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。ゴールデンウイークに伴う休暇期間中のスケジュールについてお知らせいたします。 広州倉庫:最終発送日は4月29日(月)12時です。 上海倉庫:最終発送日は4月28日(日)12時です。 営業再開日:5月6日(月) 最終発送日の12時までに発送手続きが完了していない荷物に関しましては、5月6日以降、順次処理させていただき

中国清明節に伴う休業のお知らせ【CIC】

お客様各位 いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 この度は、中国の伝統的な祝日である清明節(先祖をまつる伝統行事)に伴い、弊社中国倉庫は下記の期間、休業とさせていただきます。 【休業期間】 2024年4月4日(木)~2024年4月6日(土) 休業期間中は、荷物の発送業務などが停止いたします。 休業前の最終業務日は4月3日(水)となります。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解

コメント


bottom of page